start
忍者AdMax

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分 3 秒です。

ディスクのボリューム名さえ認識されなくなった

11011078_10206400422798410_7514034033571187508_n

  1. ボリューム“Macintosh 500HD”を検証中
  2. ファイルシステムを確認中エラー:このディスクは修復する必要があります。“ディスクを修復”をクリックしてください。
  3. ボリューム“disk1s2”を検証して修復
  4. ファイルシステムを確認中ジャーナリングが有効な HFS+ ボリュームを確認中です。
  5. エクステントオーバーフロー・ファイルを確認中です。
  6. カタログファイルを確認中です。
  7. 同階層のリンクが正しくありません
  8. カタログ B ツリーを再構築中です。
  9. ボリューム“Macintosh 500HD”を修復できませんでした。
  10. ボリュームの修復が完了しましたボリューム用のブート・サポート・パーティションを必要に応じてアップデート中。エラー:このディスクを修復できません。できるだけ多くのファイルをバックアップし、ディスクを再フォーマットしてからバックアップしたファイルを復元してください。

果敢にディスクへのアクセスを試みているのか、カタカタカタカタ音を立て続けたまま赤ランプが消えることがない。ディスク情報が認識できないものだから、デスクトップの作業すべてが時間がかかる。モーダル・ウィンドウが開くまでに3分かかったり、そうかと思うと文字入力中に漢字変換しないまま、入力中の途中で勝手に確定されてしまう。

ブラウザ上の作業もできなくなったら、どうしようもなく。ディスクのマウントを解除することにしたが、アプリが使用しているみたいなので実行できないというアラートが出る。

再起動を試した。終了処理途中でグレーカーテンが降りてくるだろうと思っていたけど、時間を要したものの再起動して再びデスクトップに認識だけはしたので、ディスク・ユーティリティでマウントを解除できた。起動ディスクとしての役目はもう終わりだ。

Tagged with:  

Comments are closed.

end